2010/12の記事一覧

htmlヘッダー

htmlリクエスト
    htmlリクエスト行
        メソッド
        URL
        htmlのバージョン
    htmlヘッダー
        ユーザーエージェント名(User-Agent)
            ブラウザ種類、OS情報、検索エンジンのクローラの場合は「Googlebot」など
        リファラ(Referrer)
            どのページから発生したリクエストなのかを表示する
        If-Modified-Since もしくは If-None-Match
            ローカルキャッシュが更新されているかチェックするために更新日時や管理情報をリクエストに含める
        クッキー(Cookie)
            ブラウザに保存されているクッキーデータ
        Accept、Accept-Language、Accept-Encoding、Accept-Charset
            どんなデータを受け取りたいか。画像の種類、言語、文字コードなどを伝達する。
    データ本体
            

htmlレスポンス
    レスポンス状態行
        httpステータスコード
            200:ok
            300番台:リダイレクト
            400番台:クライアント側のエラー
            500番台:サーバー側のエラー
    htmlヘッダー
        コンテンツタイプ(Content-Type)
            データがHTMLなのか画像なのかや、文字コードなどの情報
        再利用期限(Expire)
            キャッシュの期限
        データの最終更新日時(Last-Modified)
            HTMLや画像がいつ更新されているかの情報、サーバー上のファイル場所ID、ファイルサイズ、更新日時、更新チェック情報などが更新されているかチェックする
        キャッシュ制御(Cache-ControlやPragma)
            ブラウザや通信するプロキシが、データのキャッシュをどう扱うかの情報
        接続状況(Connection)
            接続を持続するか(keep-alive)、毎回接続を切断するのか(close)。ブラウザもサーバーもHTTPバージョン1.1の持続接続(keep-alive)を使える場合、通信のやりとりが効率良くなります。

        移動先(Location)
            リダイレクト先を示す情報
    データ本体
        htmlや画像データ    

URLとURI

URI(UniformResourceIdentifier)
名前または場所を識別する書き方のルールの総称

    URL(Uniform ResourceLocator)
    場所を示す書き方のルール
    
    URN(UniformResourceName)
    名前を永続的に識別するルール

URLの例:http://yasuda:pass@www.example.com:8080/news/index.htm?page=2&msg=yes#hot
    http:
        スキーム(scheme)
        この場合はhttpプロトコルを使うことを示します。ほかにhttps:、ftp:、data:、file:。IANAという組織が管理している。
    //yasuda:pass@www.example.com:8080
        オーソリティ(authority)。「//」で始まり、さらに以下のパーツに分かれます。
            yasuda:pass@
                ユーザー情報(userinfo)。アクセスに使うユーザー名
            www.example.com
                ホスト(host)。アクセス先サーバー名
            :8080
                ポート(port)。アクセス先サーバーのポート番号
    /news/index.htm
        パス(path)。指定したオーソリティの中でアクセス先を指定します。
    ?page=2&msg=yes
        クエリ(query)。パスの中でさらに内部を細かく識別します。
    #hot
        フラグメント(fragment)。アンカーと呼ばれますが、正式にはフラグメント。サーバーから送られた情報をクライアント側で処理する際に使います。


参考サイト:
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2010/01/12/7156
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2010/03/09/7539




備忘録として検索エンジン演算子をまとめてみました。
そういうサイトも見当たらなかったしいいかなと思いまして。

Googleで使用出来る演算子

allinanchor: +キーワード
ページ内おアンカータグに指定したキーワードを含むページを検索
allintitle:+キーワード
指定したキーワードがタイトルに含まれるサイトを検索
cache:+URL
指定したURLのキャッシュを表示
link:+URL
指定したURLにリンクしているページを表示
site:+URL
指定したサイトのインデックスされたページを表示(おおよそ)

Yahoo!で使用出来る演算子

intitle:+キーワード 
指定したキーワードがタイトルに含まれるサイトを検索
linkdomain:+URL
指定したURLにリンクしているページを表示
site:+URL
指定したURLのインデックスに登録されたページを表示

Bingで使用出来る演算子

inanchor:+キーワード
ページ内おアンカータグに指定したキーワードを含むページを検索
intitle:+キーワード 
指定したキーワードがタイトルに含まれるサイトを検索
site:+URL
指定したサイトに属するWEBページを検索(2階層)
url:+URL
指定したURLのインデックスに登録されてるか確認

このページのトップへ