2010/04/20

『Beetle Queen Conquers Tokyo』なるドキュメンタリー映画がアメリカで公開されるみたい。

yoro.png
いきなり予告編冒頭で見覚えのある顔が...。
おぉ!なんと養老孟司先生じゃありませんか!!
そういえば虫好きで有名だった。

日本を舞台にしたドキュメンタリー映画といえば
『THE COVE』が記憶に新しいですね。
もしかしてまた"ニホンジンハザンコクデスネ"的な
お叱りを受けるのでしょうか...。
確かに虫皇帝なる凄惨な虫バトルを開催しておりますが...。(虫皇帝大好きw)


beetle queen conquers tokyo.【カブトムシの女王は東京を征服する】
一体なんなんでしょう。このタイトル。

どうやら昆虫と日本人の関わり合いを人類学的な視点から
探ってゆく内容のようですね。(英語読解自信ない...)

実際に予告編を観ると大枚はたいてカブトムシを購入するシーンなど、
確かに日本人の僕たちから観ても多少奇異を感じてしまうシーンですが
虫を飼う(もしくは買う)行為は外国人にはどう映るのでしょうか。
もしかして昆虫好きなのって日本人だけ?色々な想像が膨らみます。

日本公開あるんでしょうか?
きっとDVDスルーされちゃうんだよな。
『THE COVE』と併せて観てみたいですね。
庭の発想など日本人の自然との関わりは確かに特殊ですし新しい発見があるかもしれませんね。
It's actually a way of life


↓仏製ドキュメンタリー『バグズ・ワールド-ミクロ大決戦』はかなりおススメ!!凄まじい戦争映画。要チェキです。



このページのトップへ